間取りの中にスタディスペースのあるお家

数年前から、家の間取りの中に「スタディスペース」を設けることが多くなってきました。 その名とおり「学ぶ空間」です。

リビングの一角だったり、吹き抜け周りだったりと場所は様々です。

注文住宅を建てるとき、限られた面積で効率よく便利なスペースが欲しいと考えることがあります。スタディコーナーもそのうちのひとつといえます。
リビングの一部にスタディコーナーがあると、家族でちょっとした調べものをしたり、子どもが勉強したりするときに便利なスペースになるでしょう。

スタディコーナーは、注文住宅を建てるときに検討したいという人も多いです。

 

☆スタディスペースを設けるメリット…

リビングにデスクと椅子があれば、子どもが宿題をしなければならないとき、途中で分からないことや、知りたいことがあればすぐに親に声をかけることができます。また、子どもが学校からの連絡などをふと思い出したときに、すぐに親と会話ができるでしょう。

 

このように、リビングに子どものスタディーコーナーがあると、家族の間でコミュニケーションが活発になります。親は子どもがしっかり勉強しているのか見守ることもできますし、子どもの勉強で分からないことがあるときは、すぐに教えてあげることも可能です。

 

子どももリビングにスタディコーナーがあることで、毎日デスクに向かう習慣がつきやすくなるでしょう。
仮に子どもが勉強しなければ、と自分の部屋に入っても、完全な個室で誰も見ていないと他のことに興味が移ってしまい、すぐに勉強に集中できない可能性があります。
もし、家族がくつろいでいたり、なにか調べものをしたりするリビングの空間にデスクがあれば、親が近くにいる安心感や、見守られているという意識から早く宿題を終わらせて家族と遊びたいと考える動機付けにもなるでしょう。

こちらは吹き抜け部分にスタディスペースを設けた例です。

 

子供たちが成長した後は使う用途を変えて!!

 

子どもが成長すると、スタディコーナーは不要になる可能性が高いです。しかし、スタディコーナーは子どもが勉強するために使うだけでなく、さまざまな使い道があるので設置してあれば便利なことには変わりありません。
たとえば、書斎スペースに活用することができます。いままで書斎が欲しかったという場合などは、スタディコーナーを有効活用できるでしょう。

 

また、リビングにデスクがあると、家事をするときも便利です。パソコンで掃除方法を検索したり、気になるレシピを確認したりできます。

さらに、趣味で手芸をしたり、絵を描いたりなどの作品をつくる人もいるでしょう。その際にデスクがあるととても便利です。写真が趣味の人はパソコンで取り込んだデータを編集するときに集中して作業ができます。スタディコーナーに本棚が設置されていることも多いですが、収納スペースとしても活用できるでしょう。
このように、リビングの空間にちょっとした趣味の作業に集中できるスペースがあると、家族と会話を楽しみながら自分のやりたいことも一緒にできるというメリットがあります。

 

 

LINE

ページトップへ戻る