長期優良住宅 お役立ち情報

 

次の世代に住み継がれる 100年住宅

長期優良住宅とは…

世代を超えて住み継いでいける住宅。住宅ストック社会の形成に向けてスタートした長期優良住宅制度。

優れた住まいの流通を活性化させ、建て替える時の環境負担低減等を目指す住宅です。

世代を超えて循環利用する「社会的資産」として新しい住まいづくりが始まっています!

 

長期優良住宅メリット

●所得税の住宅ローン控除

居住開始年が平成25年であれば、控除対象限度額が一般家庭なら2000万円のところ3000万円となります。10年間の最大控除額は一般住宅なら200万円のところ長期優良住宅なら300万円となります。

●所得税の投資型減税

標準的な性能強化費用相当額(上限500万円)の10%相当額を、その年の所得税額から控除できます。また控除額がその年の所得税額を超える場合は翌年に控除できます。

●登録免許税

所有権の移転登記・保存登記の登録免許が軽減されます。

●不動産取得税

一般住宅であれば1200万円の控除ですが、長期優良住宅であれば1300万円の控除となります。

●固定資産税

固定資産税は一般住宅であっても1/2に軽減されているのですが軽減期間が3年のところ5年となります(一戸建ての場合)。マンションであれば5年のところが7年になります。

 

新築・増改築・リフォーム・外壁塗装…何でもご相談くださいね。

 


ページトップへ戻る