認定低炭素住宅 お役立ち情報

・低炭素建築物とは…

二酸化炭素の排出の抑制に資する建築物で、所管行政庁が認定を行うものです。

 

・低炭素住宅とは…

震災後の2012年9月に公布され2020年の改正省エネ基準に先駆けとして、認定低炭素住宅の認定制度が出来ました。

認定低炭素住宅の場合は改正省エネ基準よりも一次エネルギー消費量をさらに10%削減しなければいけません!

 

☆改正省エネ義務化に向けて!!

2020年には改正省エネ基準が義務化されますので2020年以降は当たり前の仕様となるのですが義務化前に改正省エネ基準で建築した建物は、税制等で優遇しましょうという制度です。

 

●低炭素住宅のメリットは?

1.住宅ローン減税

住宅ローン減税の控除額が一般住宅に比べ多くなります。

一般住宅の場合は最大400万円ですが、低炭素住宅の場合ですと100万円上乗せされて500万円が最大控除額になります。

2.登録免許税の引き下げ

住宅を購入した際にかかる登録免許税が一般住宅よりも引き下げられます。

所有権保存登記の税率が一般住宅特例の0.15%から0.1%に、所有権移転登記の税率が一般住宅特例の0.3%から0.1%に引き下げられます。

3.容積率の緩和

低炭素化に関する設備(蓄電池や蓄熱漕など)は述べ床面積の20分の1までは算入しなくていいのです。ですから、もしそのような設備が床面積を超える場合には容積率には含まれないのでその分広く建てられます。

4.光熱費を抑えることができる

省エネルギー性や断熱性、節水性などに優れているので、光熱費や水道料金などを抑えることが可能です。

5.補助金を利用できる

「地域型住宅グリーン化事業」という制度によって、補助金を利用することができます。

低炭素住宅にした場合100万円を上限として利用することが可能です。

 

低炭素住宅をご検討中の方は是非ご連絡くださいね。お待ちしております。

 


ページトップへ戻る