老後に備えたリフォームポイント お役立ち情報

「安心・安全」に過ごせる家に…

安心して住める家に…

 

☆老後に備えたいリフォームのポイント

 

●家の大きさや広さに注意

子供達が巣立った後、夫婦2人で生活するには部屋の数が多かったり家が大きすぎたりしませんか?

家が大きかったり部屋の数が多かったりすると防犯面で不安になりますし、なにより掃除が大変(@_@。

そういった点を踏まえてあらかじめリフォームしやすい建設材料を選んだり、部屋を減らす「減築」と呼ばれるリフォームを行うと便利です。またトイレや洗面所といった水廻りを1カ所にまとめるのも有効的ですよ。

 

●必要な部分だけバリアフリー化

基本的にしっかりと床の段差を無くしたりレールや溝を埋めておいたりすると、生活が楽になります。また複数の部屋の壁や間仕切りを取っ払って1つのへやにするのもひとつの方法です。

 

●夫婦の距離感を保つ空間づくり

夫婦それぞれが独立した個人スペースを持つことが大切。長時間顔を突き合わせていると息が詰まってしまうことも(ー_ー)!!

夫婦お互いのプライバシーを守り、趣味をおこなえる空間を作ることが長い夫婦生活には欠かせないでしょう。

 

これからの2人の為に今から出来ることもあります。

ご質問がありましたらなんでもお尋ねくださいね。

 


ページトップへ戻る