日当たりの良い家が快適な家とは限らない…!

日当たりの良い家=快適な家とは限らない…日当たりと間取りの関係性

 

日当たりがよく明るい住まいにするためには、太陽光を取り入れることが大切です。光を取り入れるため、一般的に間取りを考える時は光が多く入る南側に開口部を設けますが、本当にそれが一番いいのでしょうか?

 

実は敷地の形状周囲環境生活スタイルにより、全ての住宅が南向きに大きく開口部を確保した方がいいとは限りません。例えば、都市部で南側に高い建物があり、影ができてしまう場合、南側に多く開口部を設けて光が入ってこない場合もあります。プライバシーの観点から、あえて建物の南側に窓を設けず、中庭に向かってオープンにしている間取りもあります。

 

 

ポイント①日中の日当たりが多い南側

最も日照時間が長い南側の部屋は、高い建物が無いかぎり、昼間家にいる時間が多い人におすすめです。光が入れば日中は照明器具が不要で、冬でも暖かく暖房費も節約できます。

ただし夏は朝から室温が高くなるので、冷房費がかかるというデメリットもあります。それを補うにはひさしを付けたり、サッシを夏場の冷房効果を高める、遮熱タイプにしたりする必要があります。

 

 

ポイント②朝方生活には東向き

東側は朝日が最も入るので、朝は家族全員が家にいて、朝日を浴びながらさわやかに朝食を取りたい人におすすめです。

朝日を浴びることで体内時計が整い、朝から気持ちよくアクティブに過ごせます。昼間は仕事で家にいなく、休日も出かける事が多い人は東側に大きな開口部を設けることをおすすめします。

逆に夜勤が多く朝はゆっくり寝ていたい人は東側に寝室は作らない方がいいでしょう。東側に寝室がある場合は遮光カーテンなどで朝日を遮る工夫が必要です。

 

ポイント③工夫しだいで快適な西側

夏は西日の日差しが強く暑いとされている西向きですが、入ってくる日差しを遮る工夫さえすれば防げます。

逆に冬は夕方まで部屋に日差しが入るので寒い地域や寒がりの人には向いている部屋です。

また午前中はあまり日が差さなく、午後から夕方にかけて日が差し込むのでバルコニーや夜勤が多い人には寝室に向いています。またヨーロッパでは夕日が綺麗に見える理由から西側のリビングが人気です。西側の眺望が良く夕日が好きな方は西側のリビングもお勧めです。

 

 

ポイント④北向きはやさしい光

北側は光が差し込まないイメージがありますが、そんなことはありません。北側は朝、昼、夕方と時間帯によって部屋の明るさの影響が少ないため、一日中安定した明るさの部屋になります。書斎、水回り、納戸などで仕事をする方の場合はおすすめです。

また日差しが入りにくいため、カーテンやカーペット、本棚や飾られた写真などの日焼けによる劣化を防ぐことができます。

 

 

日当たりってどれだけ重要? ~住まいへ上手く取り入れるには~

 

現在、物件を見たり探したりする際に「日当たり」を重視する方が増えてきています。
巷で「物件を見る時に1番重視するポイントは?」というアンケートが行われたそうですが、その答えで多かったものをランキングで見てみると・・・

「物件を見る時に1番重視するポイントは?」

1位:日当たり
2位:キレイさ
3位:広さ

という結果でした。実は賃貸物件でも「日当たり」が1位でした。上記の他には「収納」や「水回り」などの答えもありました。少し意外に感じる人もいるかもしれませんね。

 

 

 

ではなぜ、日当たりを重視する人が多いのか。
実は日本人は、昔から海外に比べて日当たりの良い南向きの住宅を好む傾向があるそうです。
そして、昔からこのような傾向がある為、「日当たりの良い家=快適な家」というイメージを強く
持っている人が多いので、このようなアンケート結果になったと思われます。実際、日当たりが良い環境はメリットが多いですし、環境面でも気持ちの面でも明るく快適に感じますよね。

 

明るいお家をご希望の方は㈱おおやま工務店までお問い合わせください。

 

 

 

 

 

LINE

ページトップへ戻る