夏のレジャーの危険 お役立ち情報

 

 夏のレジャー…「」にご注意!!

夏と言えば海や山でのレジャーの季節。

夏のレジャーの関連商品を正しく使い安全にたのしんでくださいね。

 

★バーベキューの火起こしなどに使う着火剤。揮発性があるためつぎ足しは厳禁!

アウトドアでの食事の楽しみと言えばバーベキュー。火起こしの際には誰でも簡単に火を起こしやすくするための補助燃料として着火剤が用いられますね。この着火剤は火が弱くなったからと言ってつぎ足すことは大変危険!着火剤には揮発性が高く引火しやすいメチルアルコールが使われているため、途中でつぎ足すと大きな炎が上がったり爆発したりする恐れがあります…。

 

★冷感グッズにご注意

冷感グッズは人によってかぶれることがあります。

連日の猛暑や節電対策のために冷感グッズを使用される方が増えていると思います。最近はタオルや首巻きスカーフなど直接皮膚に触れる製品が増えていますね。製品の特性から表面に防腐剤・防カビ剤を塗布している製品が多く、人によってはかぶれることがあるみたいです。使用する前に洗ってこれらの薬剤を落とし、皮膚に異常があった場合は使用を中止するなどして気を付けましょう。

 

★高温になる車内は危険

夏に自動車に乗って行楽地へ出かける人も多いのではないでしょうか…。そんな中放置されたスプレー缶やガスライターの事故が多発しているようです。直射日光の当たる場所や高温になる場所にスプレー缶やガスライターを放置しておくと、思わぬ事故につながる危険性があります。

真夏の車内、特に直射日光の当たるダッシュボードの上は想像以上の暑さとなります。炎天下の舗装された駐車場に自動車を置いた場合車内の温度は約60度。直射日光の影響を受けているダッシュボードの表面は90度近くまで上昇するそうです…。

スプレー缶やガスライター以外でもリチウムイオン電池などを含め電子機器(スマートフォン)でも過熱による火災事故があるようですので、これからの季節十分にお気を付けくださいね。

 

新築・増改築・リフォーム何でもご相談くださいね

 

ECO家公式アプリ
ダウンロードはこちらから

ECO家公式アプリ

ページトップへ戻る