二世帯住宅 お役立ち情報

 

二世帯住宅 3つのパターン!

 

●「完全同居型」

家族それぞれに必要な寝室を設け、それ以外は全て共用する「完全同居型」。

各世帯で生活の時間帯に大きな開きが無い時にはこの完全同居型間取りにすれば、交流の時間も増えますので大家族の醍醐味を味わえる家となります。

 

 

●「部分共用型」

玄関や浴室などの設備の一部を共用しながら、親世帯・子世帯が生活するゾーンを分けるのが「部分共用型」間取りの二世帯住宅です。

親世帯・子世帯の生活時間が異なる場合や、適度にプライバシーを保ちたい時にこの部分共用型の間取りを選ぶと良い!

※共用部分が増えればその分建築にかかるコストを抑えることが出来ます。

 

●「完全分離型」

完全分離型はその名の通り、全く別の世帯として暮らす間取りです。

暮らしの全てが完全に分かれますのですぐそばに居ながら干渉をし合わない、いわゆる”スープの冷めない距離”の暮らしが実現いたします。

 

※二世帯住宅の形も様々です。ご検討中の方は是非ご相談くださいね。

 

資料請求はこちらまで

 


ページトップへ戻る