「光と風を感じる家」にリフォームしませんか? お役立ち情報

 

「光と風を感じる住宅リフォーム」

 光と風の取り入れ方

春から夏、秋から冬へと照射角度を変えていく太陽の動きを読んで、窓の位置や大きさを変えたり風の流れを計算して、室内に空気が定まらないようにしたりします。

例えば嫌われることの多い西陽、夏の西陽は確かに暑いですが、冬の西陽は暖かく是非取り込みたいですよね!(^^)!

そのためには夏の西陽を遮るだけのほど良い庇を設けます。

また、窓は作ったものの隣近所の視線が気になってカーテンやシャッターを年中閉めている…というようなケースがありますが、このような場合は視線の届かない高い位置に窓を付けることによって光と風を確保し、視線を遮ります!

ちょっとした工夫で家全体の雰囲気・生活が変わりますので気になる箇所がありましたら、なんでもお尋ねくださいね!(^^)!

ご連絡お待ちしております

 


ページトップへ戻る