片山津温泉 柴干潟

干潟とは…海岸部に発達する砂や泥により形成された低湿地がある程度の面積で維持されている。朔望平均満潮面と朔望平均干潮面との潮間帯。潮汐による海水面の上下変動があるので時間によって陸地と海面下になることを繰り返す地形である。土砂粒径が小さく生物相が多様な平坦地形である。
環境省の定義は「干出幅が100M以上、干出面積1ha以上移動しやすい基底(砂・礫・砂泥・泥)」を満たしたものを干潟と呼んでいます。

IMG_2032

LINE

ページトップへ戻る