梅花藻

醒ヶ井・地蔵川の梅花藻(ばいかも)
米原市醒井。清流に咲く花「梅花藻」水温が年間を通して14度前後の清水に群生する多年草の水草。5月中旬~9月頃にかけて梅の花に似た小さな花をつける。見頃は7月中旬(梅雨明け頃)~8月下旬

西欧では白百合がキリスト教の純潔シンボルとされ、マドンナ・リリーと種が必需品でした。
ところが19世紀に紹介された日本の山百合があまりに美しかったために、その座を奪われてしまったそうです以来明治から昭和にかけて百合の球根は絹とともに日本の花形輸出品となったそうです。

DSC_0134

LINE

ページトップへ戻る