左義長

小正月に行われる火祭りの行事。
1月14日の夜が15日の朝に刈り取り跡の残る田などに長い竹を組んで立て、そこにその年飾った門松やしめ飾り、書き初めで書いたものを持ち寄って焼く。その火で焼いた餅を食べる。またしめ飾りなどの灰を持ち帰り自宅の周囲にまくとその年の病を除くと言われている。書き初めを焼いた時に炎が高く上がると字が上達すると言われている。

IMG_2844

LINE

ページトップへ戻る