介護リフォームについて…

Eco家のブログをご覧の皆様 おはようございます

今日は介護リフォームについて少しお伝えさせていただきますね。

 

高齢化社会の1番の課題が「介護」ですね。

自宅での生活を快適に過ごすための介護リフォームや、病気療養後、やむなくされた介護リフォーム…様々な形のリフォームがありますが、全般に言えるのがバリアフリーリフォームですね。

 

高齢になって足腰が弱くなってくると自宅で快適に暮らしていくための家づくりが必要となってきます。

医療機関からの事故報告をまとめた資料によると、高齢者の事故発生場所は77.1%が家庭内となっています。

yjimage9y5p04q7

自宅で過ごす時間が長いからこそシッカリとした安全対策が必要不可欠となります。

 

そしてもうひとつの大きな課題…介護リフォーム費用ですね…

 

介護保険で受けられるリフォーム補助について…

ご自宅を介護リフォームしたいと思ったら、まずは介護保険制度を利用した公的補助を活用されることをおススメいたします。

申請すれば住宅改修にかかる補助が最大20万円まで1割の自己負担で利用できます。

この上限は一度に使い切る必要はなく、数回に分けてリフォームを実施することも可能です。(市区町村によって違いがありますのでお住まいの窓口で確認ください)

20160215154852-009431

介護保険のよる補助以外でもバリアフリー住宅への支援制度としては、厚生年金や国民年金による「年金在宅ケア対応住宅・年金バリアフリー住宅資金貸付制度」などもあります。

 

また、車いすを使うようになって畳の部屋が使えなくなった…お風呂の段差を解消して安心して入浴できるようにしたい…といった場合も補助が利用出来ますので、担当ケアマネージャーさんにお尋ねくださいね。

 

家族みんなが負担なく暮らしていける家づくりのお手伝いをさせていただきます!(^^)!

何でもご相談くださいね

 

(本日のブログ担当:嫁)

 


ページトップへ戻る