リフォームを行うベストタイミング

新築時は快適に暮らせた住まいでも、経年劣化やライフスタイルの変化などで不便さを感じたりトラブルが起きたりします。
大切な住まいを長持ちさせるためにも、リフォームするタイミングを逃さないようにしましょう。

経年劣化によるリフォーム

「まだ大丈夫」と劣化を放置していると、故障などでリフォーム費用が高くなることも少なくありません。使用している建材や立地条件などによってリフォームするタイミングは異なりますが、大体の目安を知っておくと役立ちます。
一般的な住まいのリフォーム、メンテナンスの目安は下記の通りです。

5~10年

築5年過ぎた頃は、まだ大きなリフォームを必要としません。しかし、10年経過する頃にはクロスや外壁の劣化・変色、トイレや浴室など水回りのトラブルが目立ちはじめます。こまめに点検して問題があれば、早めにリフォームすることをおすすめします。

10~15年

10~15年

築10年を過ぎると、家のあちこちで様々なトラブルが起きはじめます。

キッチンやトイレなど水まわりの大幅な修繕・設備の交換、外壁の塗り替え、床の全体的な補修などが必要になりますし、電気やガス関連設備も不具合が増えはじめます。

設備はどんどん進化して性能が向上しているため、10年以上使用している場合は交換したほうが光熱費の節約などに繋がる可能性が高いです。
また、大切な住まいを守るためにも土台や基礎部分は、トラブルを未然に防げるように定期的にチェックしておきましょう。

15年~

築15年以降は窓や玄関など建具の不具合、外壁や屋根の劣化など様々な問題が生じるため、全体的なリフォームが必要です。

ライフスタイルの変化によるリフォーム

ライフスタイルの変化によるリフォーム

15年20年も経てば子どもの独立などで家族構成は変わりますし、老後についても考える機会も増えはじめます。築15年を過ぎて大幅なリフォームが必要であれば、将来を見据えて増築や改築で子ども部屋を増やしたり、住まいをバリアフリーにしたりするのもひとつの手段です。

家は人が住んでこそ、はじめて家の役割を果たすことができます。
家にあわせて暮らすのではなく、ライフスタイルに合わせて上手に家のリフォームやリノベーションを行い、快適に暮らせるように工夫していきましょう。

滋賀県栗東市にある当社では、内装や外壁、水まわりなど住まいのリフォーム・リノベーションのご依頼を承っています。
リフォームに関するお悩み、ご相談がありましたらお気軽にお問い合わせください。

LINE

ページトップへ戻る