マンションのリノベーションで注意したいこと

最近は古民家や中古マンションを購入して、おしゃれリノベーションをする方が増えてきました。
しかし、マンションをリノベーションする場合、注意しておきたいことがあります。

管理規約に従って進める

管理規約に従って進める

マンションには、住人それぞれが良好な住環境を確保するためのルールである「管理規約」というものがあり、それに従ってリノベーションをしなければなりません。
マンションは一戸建てと異なり、個人で勝手にリノベーションすることができない部分があります。

もし違反すると工事の停止を求められる場合があるため、リノベーションできる部分をあらかじめ確認しておく必要があります。
多くの場合、リノベーションが可能なのは個人の専有部分です。玄関ホールやエレベーターをはじめ、外壁やバルコニー、窓ガラスやサッシなど共同で使用する共用部分はマンションの所有者が共同で管理するため、リノベーションすることはできません。

マンション独自のルール確認

マンション独自のルール確認

マンションの管理規約には、そのマンション独自のルールが記載されている場合もあります。
例えば、工事のやり方や工事に使う用材まで決められていることがあるのです。

これにより、リノベーションを進めたものの思い通りの部屋に変更できなかったというトラブルに発展する可能性があります。マンション独自のルールは、居住者間のトラブルを未然に防ぐため定期的に見直されることがありますので、最新のルールをしっかりと確認しておくと安心です。

このように、マンションのリノベーションは管理規約に反しないように工事を進めていかなければなりません。また、トラブルを防ぐためにも、リノベーション前に近隣住民の方に伝えておくことも忘れてはいけません。

滋賀県内のリフォーム・リノベーションのことなら当社にご相談ください。滋賀県栗東市にある当社では、お客様の住まいへのご要望に確かな技術でお応えいたします。皆様の幸せづくりや夢づくりは私たちの喜びでもあります。ライフスタイルに応じた快適な住まいづくりのお手伝いなら、ぜひ当社にお任せください。

LINE

ページトップへ戻る